2012年11月30日

肝斑 レーザー治療

肝斑(カンパン)の特徴ですが、下まぶたを避けて、頬の高い位置に
スプレーで吹きつけたようなシミが左右対称にできます。

肝斑ができるのは30代〜40代に多いのですが、20代でも出来る人がいるそうです。

20代の場合は、女性ホルモンの影響が大きいようですね。
妊娠やピルを飲むことでできたりすると言われてるようです。

シミの治療はレーザー治療もおすすめとよく聞きますが、
肝斑の場合は、通常のシミのようにレーザー治療をすると悪化してしまうそうです。

レーザー治療でも肝斑のためのものがあるそうなので
皮膚科で相談されるといいかなぁ、と思います。

肝斑 レーザー治療






posted by kusumin at 18:40| 肝斑レーザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。